1857年の今日7/15

1857年の今日7/15、ツェルニー死没

珍しく前期ロマン派紹介

交響曲好き

本日は他に

ブリームの誕生日

ブロッホの命日

カール・ツェルニー

カール・ツェルニー

ポータル クラシック音楽

カール・ツェルニー(Carl Czerny ドイツ語: [karl trni], 1791年2月21日 ウィーン - 1857年7月15日 ウィーン)は、オーストリアのピアノ教師、ピアニスト、作曲家。父方の祖先はボヘミア出身の西スラヴ人チェコ人)で、苗字の綴りは元はチェコ語: erny(チェルニー、意味は「黒」)であった。ドイツ語でも発音はチェルニーだが、日本ではツェルニーと発音・表記される事が多い。

概論

ベートーヴェンクレメンティ、フンメルの弟子で、リストおよびレシェティツキの師。作風は初期ロマン派の傾向に留まった。デビュー後のリストの演奏様式に懐疑的であった時期もあるが、ショパンやリストのような後代の作曲家の斬新性を高く評価し、彼らの編曲や校訂活動を熱心に行った。作品番号は861に上り、未出版のものを含めて1,000曲以上の作品を残した多作家であったが、現在は実用的なピアノ練習曲を数多く残したことで有名な存在である。「王立ピアノ学校〜理論的かつ実践的ピアノ演奏教程」op.500は、当時の演奏風習までを網羅したツェルニー最大の著作である。ツェルニーの作曲活動は半世紀に及んだ。初期Op.1-199は純器楽曲の追及、中期Op.200-599からはクラヴィア練習曲または作曲法教程作家としてのメカニックの追及、後期Op.600-861からは(練習曲作家を継続こそしたが)宗教曲作家としての追及が嗜好に加味されていった。未出版に終わった「テ・デウム(1856年)」は死の前年に完成している。

生涯

ツェルニーはウィーンでチェコの音楽家の一家に生まれた。祖父はボヘミアのニンブルク(英語版)[注 1]のアマチュア・ヴァイオリニストであり、父のヴェンツェル(ヴァーツラフ)・ツェルニー(Wenzel Czerny, Vclav ern)は、プラハ修道院で合唱やオルガン演奏に従事したあと、軍隊に15年間務めた。結婚ののち、プラハからウィーンに出て、ピアノ教師として生計を立てるようになった。家庭内の会話はチェコ語で行われたため、ツェルニーは6、7歳になっても片言程度のドイツ語しか話すことができなかった。神童であったツェルニーは3歳でピアノを弾き、7歳で作曲を行った。最初にピアノを教えたのは父で、息子に主にバッハ、モーツァルトクレメンティなどを教えた。やがて彼は父の友人を介してベートーヴェンの作品を知るに至り、弟子入りを志願。10歳の時に、ベートーヴェンの家を訪れて「悲愴ソナタ」を弾く機会に恵まれ、弟子入りを果たした。ツェルニーは続く3年間ベートーヴェンの指導を受け、ピアノ演奏の基礎から学びなおさせられた。また彼はフンメルからもレッスンを受けた。さらにクレメンティ

がパリ、ウィーン、サンクトペテルブルク、ベルリン、プラハ、ローマ、ミラノで開いていた講座にも出席した。

ツェルニーがはじめて公開演奏を行ったのは1800年、曲目はモーツァルトのピアノ協奏曲第24番だったと伝えられている。ツェルニーは暗譜力に優れていたためベートーヴェンの曲は全て演奏することができた。しかしながら、演奏家ではなく作曲家・教師あるいは音楽理論家に天職を見出した彼は、演奏活動から身を引いてしまった。彼が再び公での演奏を行うのは1812年2月、ピアノ協奏曲第5番「皇帝」のウィーン初演(世界初演ライプツィヒにて)のソリストに選ばれた時であった。ツェルニーによるウィーン初演後、「皇帝」がベートーヴェンの生前に演奏されることはなかった。ベートーヴェン没後、ツェルニーの作曲のペースは非常に速くなり、周囲の期待にこたえて多くの作品を速筆で生み出した。

当時のベートーヴェンは「ピアノ演奏法という著作をどうしても編みたいが、時間の余裕がない」と語っており、彼の願望は練習曲集や理論書の著者であるツェルニークレメンティやクラーマーに受け継がれていくことになる。作品番号の膨大さからもわかるように収入には困っていなかったが、コンサート・ピアニストとして表舞台に立つことはほとんどなかった。ツェルニーは生涯を通じてほとんどウィーンに留まっており、1836年にライプツィヒ、1837年にパリとロンドン、1846年にロンバルディアに赴いただけである[1]。彼は痛風を患い、66歳でウィーンに没した[2]。生涯独身を貫き、近しい親族もなかった。体調を大きく崩した1857年には、ツェルニーが評価したショパンシューマンメンデルスゾーンシューベルトなどの年下の多くの作曲家はすでに鬼籍に入ってしまい、ピアノ・ヴィルトゥオーゾの時代も終わってしまっていた。

死の直前、友人で弁護士であったゾンライトナー[注 2]の助けを借り、膨大な資産を整理して遺言書を作成した[1]。

楽譜

ツェルニーの大部分の自筆譜はウィーン楽友協会が保存している。膨大すぎるため、20世紀にほとんど研究は行われてこなかった。また、出版社が多岐にわたったために、作品の収集は難航したが、彼が同時代で著名であったことも幸いして出版作品のタイトルはほぼ解明されている。

21世紀に入り、ツェルニーの生涯に改めて光を当てる試みが多くの地域でなされている。アメリカではツェルニー作品のみのピアノフェスティバルが開催された。日本にもチェルニー研究をライフワークにしている人物の存在が確認されている。オランダではチェルニー弦楽四重奏世界初演が行われた。フランスの作曲家兼ピアニストジャン=フレデリック・ヌーブルジェはツェルニー50番を音楽作品として正当に扱い、CD録音に成功している。

出版番号は「出版された」作品のみに限られており、未発表の自筆譜のままの作品には不明な点が多く残されている。たとえば、弦楽四重奏曲は少なくとも20曲以上が確認されているが、出版番号は付されることがなかった。

教育

音楽学校で正規に学んだ人物ではなかった[注 3]。しかし、大学教授や音楽学校の教員やアマチュア愛好家からは常に信頼の対象であったことは間違いない。それを裏付ける証拠は「実践的作曲技法Op.600」をテキストとして採択した学校の数に表れており、出版譜にも購入者名一覧が掲載されている。

Op.600も第一巻はピアノ楽曲作曲法、第二巻は室内楽と合唱の作曲法、そして、最後の第三巻でオーケストラの楽器法と作曲法を配置しており、「移調音部記号に徐々に慣れる」仕掛けが施されている。その記述はまさにツェルニーの「手取り足取り」レヴェルの指導が書き込まれている。「ピアノが活躍する箇所ではオーケストラは控えましょう」といった、常識レヴェルの記述も多い。かつては米国Da Capo社から1980年にリプリントが出されていた。

Op.500では「譜めくりはピアニストの左に座ります」と書かれ、暗譜演奏は強制していない古いタイプのピアニストであったこともわかる。

備考

Op.200, Op.300, Op.400, Op.500そしてOp.600はすべて「教育的著作」である。100と700と800はそうではない。

ツェルニー作品の邦題は「48のプレリュードとフーガ」・「ツェルニー50番」など原題を無視した形で出版が行われ続けているが、ツェルニーはこのようなタイトルを附していない。

多くの猫を飼って暮らしていた。

ブラームス交響曲第1番を43歳になるまで発表できなかった事は大変有名だが、ツェルニー交響曲を初めて世に出したのは56歳のときである。これはベートーヴェン交響曲第9番を初演した年齢よりも遅い。

オペラのパラフレーズは大量に遺されたが、ツェルニー作のオペラはない。

日本ではツェルニーの練習曲集は指使いの練習やベートーヴェンソナタを演奏する上で必須と考えられてきた。しかしテクニックに偏りがあることや番号のみの練習曲が延々と続くことからモチベーションを損ないやすいとする意見もある。

ツェルニーの練習曲をシューマンは退屈でイマジネーションに欠けると評した。ルービンシュタインは子供への拷問と評した。20世紀になって欧米の音楽教育ではツェルニーの練習曲集は日本ほど幅広くは使われなくなっている。

ツェルニーはピアノの練習曲集以外のソナタやピアノ協奏曲などを数多く作曲しており、楽譜が発表されていたのは全体の25%に過ぎない。20世紀後半から練習曲以外の作品が演奏に取り上げら得ることが増えており、ツェルニーの再評価が進んでいる。

作品

ピアノ曲

練習曲

100番練習曲 Op.139(初歩のピアノ練習に大変よく使われる)

110番練習曲 Op.453

24番練習曲 Op.636

第一課程練習曲 Op.599

技法の練習曲(30番練習曲) Op.849

熟練の手引き(40番練習曲) Op.299

指使いの技法(50番練習曲) Op.740

ヴィルトゥオーゾの手引き(60番練習曲) Op.365

125のパッセージ練習曲 Op.261

左手のための24の練習曲 Op.718

小さな手のための25の練習曲 Op.748

5つの音による24の練習曲 Op.777

新グラドゥス・アド・パルナッスム Op.822

リトルピアニスト Op.823

2手のためのソナタ 編集

第1番 変イ長調 Op.7

第2番 イ短調 Op.13

第3番 ヘ短調 Op.57

第4番 ト長調 Op.65

第5番 ホ長調 Op.76

第6番 ニ短調 Op.124

ソナタ形式による大幻想曲又は第7番 ホ短調Op.143

ソナタ形式による大幻想曲又は第8番 変ホ長調Op.144

ソナタ形式による大幻想曲又は第9番 ロ短調Op.145

大練習ソナタOp.268

第11番 Op.730

スカルラッティの様式によるソナタ op.788

Op.posth(遺作、未出版の中の一曲、第13番)

4手のためのソナタソナチネ 編集

Op.10 Grand Sonate Brillante [1821刊] 華麗な大ソナタ

Op.178 ヘ短調 Grande Sonate [1829刊] 大ソナタ

Op.331 4手のための大ソナタ第三番変ロ長調

Op.50-1 Sonatina Brillante 華麗なソナチネ

Op.156-2 Sonatina ソナチネ

その他

歌曲「思い出」による変奏曲 Op.33

トッカータ Op.92

スケルツォ op.671

12の華麗及び性格的なグランド・ナショナル・ロンドー(ドイツ、イギリス、ボヘミア、スペイン、フランス、ハンガリー、イタリア、ポーランド、ロシア、スウェーデン、スイス、トルコでお気に入りの旋律群による)op.181-192

48の前奏曲とフーガ op.856

四手のための作品

性格的で華麗な序曲 Op.54 Ouverture caracteristique et Brillante

華麗な大ロンド Op.254 Grand Rondeau Brillant

管弦楽曲

交響曲第1番 ハ短調 Op.780

交響曲第2番 ニ長調 Op.781

ピアノ協奏曲、協奏的作品

幻想曲と華麗なる変奏曲 Op.3

大協奏曲 Op.28

ウェーバーの主題による序奏、変奏曲とロンド Op.60

ハイドンの主題による変奏曲 Op.73

ピアノ連弾と管弦楽のための協奏曲ハ長調 Op.153

ピアノ協奏曲 イ短調 Op.214

華麗なる大ロンド Op.283

大ロンド Op.286

協奏曲風大変奏曲 Op.338

グランド・ロンド・ポロネーズ Op.391

室内楽

協奏的二重奏曲 ト長調 Op.129(フルートとピアノのための)

アンダンテとポラッカ(ホルンとピアノのための)

宗教曲

2作のテ・デウム

11作の荘厳ミサ曲

106作のオッフェルトリウムとグラドゥアーレ

複数曲のカンタータ

全曲が未出版である。録音された形跡もない。ただし、チェルニー本人はOp.600で声楽曲の作曲法については大量の言及がある。

オッフェルトリウムSalva Nos Domine Op.812 バス歌手とオルガンのための

六つのPange Lingua Op.799 混声合唱のための

アヴェマリアとオッフェルトリウムOp.760 ソプラノとオーケストラのための

深き淵より Op.784 合唱と小オーケストラのための

Op.600で宗教曲の作曲について論じた後、これらは出版されており、ツェルニーは晩年に宗教曲作家への転進を図った痕跡がある。

教育的著作

王立ピアノ学校 Op.500

若き娘への手紙

実用的作曲教本 Op.600

フーガ演奏法 Op.400

翻訳

アントニン・レイハ「作曲法」(全4巻)

校訂

バッハ・平均律クラヴィア曲集

ショパンエチュードOp.10&25