柏崎スケスケパンツ。

とりあえず柏崎に着いたよ。柏崎に着いたのはいいけど、まだ八時前。駅前は思った通りの田舎町。コンビニさえ駅前にはない。構内にはニューデイズがあるけどね。

観光案内所もみあたらないし、とりあえずニューデイズでお買い物。新潟に乾杯と、みそおにぎりと、カレータレカツのおつまみを買った。

一番搾りを飲みながらとりあえず海岸を目指した。グーグルマップで調べておいたので、駅からほぼ一本道なのも知っている。迷いようがない道だ。

商店街のアーケードを歩けど暮せど人通りがない。シャッター空いてる店もない。喫茶店一軒営業中なのは発見したけど、店内が見えにくいお店で入りにくい。入る気がしなかった。

少し歩くとヨーカドーがあった。店内にはキャンドゥもあるみたいだ。ここである程度調達できそうだな。開店は九時から。あと一時間くらいある。とりあえず海岸に行ってからにしようか。

アーケードが終わって見えてきたのは市民プラザ。ふるさと人物館なる箱モノがある。どのみち開店は九時過ぎだろうし、あとでまたここに来ればいいか。

その近くには生田万の碑があった。柏崎を代表する義民らしい。日本史でも習ったことある。柏崎のひとだったんだ。少しマニアックではあるけどね。小学校の敷地内にひっそりと建てられていた。

その隣に見えたのが柏崎アクアパーク。一年中泳げる室内プールらしい。東京体育館みたいなものかな。このように柏崎には至るところに行政による福利厚生施設が建てられていたりする。

原発マネーっていうやつかな。現在、柏崎原発は停止したまま。七機のうち二機を再稼働したいらしいけどね。柏崎とは原発で繋がっているのだ。山手線を動かしていたのも柏崎原発からの電気だったらしい。

プールの裏手はもう海だ。新潟駅から海岸まではかなり離れていたけど柏崎は駅から十五分ほど歩けばもう海岸に出られる。

長岡の花火会場よりも近く感じた。柏崎も長岡同様徒歩二十分程度と言われていたが、柏崎のほうがぜんぜん近い。

海岸に向かうと途中のトイレのところで中学生くらいのサッカー少年が五人くらいたまっていた。かわいいな。

海の家もあったが、今日は花火大会で海水浴客よりも花火見物客相手だね。海の家の従業員におはようございますと声かけられた。

花火大会の会場はもっと奥のほうみたいだ。シートが敷いてあるほうに向かってみる。

それにしても、シート敷く位置もみんなバラバラやな。お気に入りの場所がそれぞれあるんだろうね。必ずしも手前がいいっていうわけではないらしい。後ろのほうのまだまだ余裕がある場所なのにすでに場所取りしてたり。

前日からの場所取りは禁止らしく、当日の一時から場所取りができるようになるとのこと。

場所取り開始から一時間半ほど経ち、ビーチにいるひともまばらだった。浜辺が会場なので河原より広いせいかあまりがつがつ急いで場所取りはしないようだ。

海水浴をしているひともほとんどいなかった。

有料観覧席がある席の近くまでいってみる。ここらへんはさすがにある程度はすでに場所取りシートが敷かれていたが、それでもまだまだ余裕がある。風でシートが飛ばされないようにスーパーのビニール袋に砂を入れて砂袋にしてそれを重しにしていたね。なるほど、こうすればわざわざ杭を打たなくてもいいんだね。

東京の河原みたいに無駄に木が生えていたりとかして障害物があったりすることもなく、視界を遮るものは何もない。どこで観てもほぼベスポジだ。

席取りをしてると、先ほど長岡から柏崎に向かう車中一緒だった二人組がいた。チングリコンビじゃないですよ??チングリだったらびっくりするわ。東京からここまで一緒なのかよ。ここまで来たらセックスするしかねえじゃないか。

チングリコンビではなく、別の人。アラサーくらいの兄さんですよ。前がいいとかで、シート敷く場所を思案していた。どこからみてもほぼベスポジなんだから、どこでもええやん。

シート敷いたら炎天下の砂浜に花火大会の時間までわざわざいる必要ない。その日はそこまで日差しは強くなかったが、それでも七時半から始まる花火まで待つ人はあまりいなかった。テント持ってきてる人もいたけど、柏崎の人はおおらかなようだ。ガツガツしてないというか。

場所取りように持ってきたシートが小さすぎた。もっと大きなもののほうがいいな。あとでヨーカドーにあるキャンドゥで調達するか。ビーチサンダルも忘れてきたし、できればなにかほしいな。

飲み物も買わないと。

とりあえず、めっちゃ汗ばんできた。目の前は海。ちょっくらここで泳ぐか。一応水着もあるし。

シャツを脱いで、濡れてもいいように短パンに着替えたよ。タオルを持って波打ち際までトラロープ超えていったら、警備員に止められたよ。遊泳禁止だってさ。向こうのほうなら泳いでもいいらしい。海の家があったあたりかな?

めんどくさくなったのでとりあえずあとで向こうに行ってみるか。

海辺には水道があるし、泳いで砂まみれになったとしてもここで流せる。便利だな。

会場近くにある施設はシーユース雷音という市営の福利施設。平たく言えばホテルだ。海のそばに市営のホテルまで建てちゃうなんて。原発サマサマだな。

原発に対する反発をそらすためのものなんだろうけど。

まるで観音崎にある京急ホテルのようなロビー。トイレもあるし、お風呂まである。便利だな。410円で入れるらしいよ。

というか、ここで花火が打ちあがるまで待機していればいいんじゃないの??年寄りが何名かすでにここで休んでいたよ。

トイレでノーパンになった。パンツなんてはいてると蒸れるし暑いじゃないですか。花火が終わるまで今日一日ノーパンでいいや。海に入るつもりで来たわけだし。

ノーパンに短パン、楽だわ。

スパ銭に来てる学生なんかもノーパンいるもんね。どうせ脱ぐならパンツ要らないし、ないほうが楽だってわかってるんだね。

はじめはスースーするけど、なれると楽だよ。

海の家があったあたりまで行ってみると、まばらだったけどひとがいたよ。

中学生くらいのヲタっぽい少年が幼い弟と父親と一緒に来ていた。

さらに、サッカー少年五人組が波打ち際ではしゃいでいたよ。さっきトイレの前ですれ違ったやつらかな??

五人は水着ってわけでもなく服のまま海に入ってた。服っていっても練習着みたいなやつだね。

ひとり完全にいっちゃっていて、ハーパンのまま泳いでたよ。白いハーパンだったから、黒いパンツがスケスケだった。

ほかの四人もしょうがねえなっていうカンジではじめは遠巻きに見ていたんだ。

ふたりは半裸で、三人は脱がないで波打ち際にいた。

やがて全員来ていたシャツを脱いで飛び込んでたよ。

そのうちのひとりはハーパンも脱いでパン一になってた。黒いボクサーだったけど、濡れるとスケスケで、おしりのカタチがわかるくらい体に吸い付いてた。

全員で海に向かって飛び込んだところをスマホでタイマー使って動画撮ったりしてた。青春だな。おバカだな。

結局全員ずぶ濡れになってた。

そこまで濡れたんだったらフルチンになちゃえばいいのに。さすがに周りに人がチラホラいたし、ならなかったけど。

パン一で入ってたやつはパンツ脱ぐかと思いきや、ふたたび白いハーパン履いてたし。濡れたパンツの上にパンツはくって気持ち悪くない??

はじめからハーパンで泳いでいたやつも脱がないで上がっちゃったよ。

どうするんだろう??どこかでシャワー浴びるのかな??近くのアクアパークのプールのシャワーか、ちょっと離れたところにあるソルトスパ潮風か。

ソルトスパ潮風は値段が高いとかネットで酷評されてた。サウナもついてタオル付で780円ならそこまで高くはないと思うけど。結局ここには行ってないからわからないけど。

少年たちは上に戻って、着替えるのかと思いきや着替えずにうだうだしてたよ。オレが遠巻きに見てたからかな??ひとりはチャリに乗ってどこか行ってしまった。

ずっと少年ウオッチングしていても仕方ないから、ヨーカドーのほうに行ってみることにするよ。

その前にソルトスパに行こうか迷ったけども。あわよくばさっきの少年たちが来るかもしれないし。

でも、あとで海で泳ごうかとも思ってるし、海に入るなら風呂に入る意味はないかな。

とりあえず、近くにあったふるさと人物館に行ってみた。入館料はタダだった。

柏崎にゆかりがある文人や商人、政治家などをパネルや作品、音声解説と模型などを使って紹介していた。なかなか気合入っていたけど、ほとんど見たことも聞いたこともない人物ばっかり。思い入れはなかった。

間宮林蔵と一緒に樺太探検に行ったひととか、日本で石油王だったひととか。柏崎は商工業が栄えた場所で、教育水準もかなり高かったらしい。

風呂に行くのはやめてアーケードにあったヨーカドーに向かった。

一階は花火大会用の飲み物や食べ物を売っていた。花火まで間があるからまだ全然混んでなかった。長岡だったら午前中から会場内盛り上がっていたけどね。柏崎はそこまでガツガツしてないらしい。

から揚げとかいろいろ売られていたけど、食べ物は後回しにして三階にあるキャンドゥに向かった。

とりあえず、大きめの敷物とエコバック、それに濡れたものを入れやすそうな袋、ビーチサンダルもあったからそれも購入。あとはスマホを入れられるビニールケースみたいなのがあればいいんだけど、なかった。

駅前まで歩いて観光案内所に行ってみたよ。ここらへんでどこか見るところはあるかと尋ねてみた。

すると原酒造では酒蔵見学ができて、歩いて二十分くらいのところにある赤坂山公園には日本庭園、さらには市立博物館。こちらも無料らしい。あとはすでに見てきたふるさと人物館、有料になるけどドナルドキーンの文学館があるらしい。

ネットで調勧めている青海川や鮮魚センターに関してはあまり勧めなかったよ。電動自転車で行くと楽らしいけど、九時の開店と同時に全部貸し出してしまったらしい。あとは駅でママチャリを残っていれば五百円で貸してくれるとのこと。

鮮魚センターまで行かなくても駅の近くに「おおはし」という店があって、県外からも訪ねるひとがいるほどの名店らしい。

鮮魚センターにいくなら十二時半の路線バスで行くのが便利とのこと。ただし、花火大会だからダイヤが通常運行ではないかも。

バスに乗って鮮魚センターに行こうか、列車で青海川の駅に行ってみようか。

とりあえず、オススメの「おおはし」で昼ご飯にすることにした。鮮魚センターはあたりはずれあるけど、ここならハズレなし。オススメできるとのこと。