ヒマじゃない

バーテンダーというか夜の水商売人は、昼間はヒマだと思っている人が意外と多い。

料理店は仕込みで忙しいだろうけど、バーは夜だからヒマでしょうそんな声が聞こえる。

とんでもない話である。人によりけりだろうが、僕の場合はお酒屋さん回りで午後の大半がツブれている。しかも4時にはお店に入って開店準備にとりかかっている。どこぞのお店のように30分前にお店に入っているイイ加減なぐうたらデブ野郎みたいに自分の都合で仕事はしない。

もちろん、その間に食材買い付けに行ったり、銀行へ行ったり、役所へ行ったりと。一人でお店を経営していると、それは当然のことである。

また、配達してくれるお酒屋さんとはほとんど取引がない。なぜならば、町なかの飲食店はその都合のいいお酒屋さんを利用するからである。つまり、お酒の銘柄がアノ店もコノ店も一緒、果てはウチのお店も一緒となっては困るから。どこでも飲めない。ここしかない。そんなお酒を探してアチコチ車で走り回っているのである。

加えて。僕に限ってだが、両親が入院中という状況もある。どっちが優先かといえば病院の方である。週に3、4日は通っている。ゆえに行かない日をまとめてお酒屋さん回りに当てているのである。

どこにヒマなどあろうか。

そして、やっと小1時間ほどカラダが開いた時にコーヒーを飲みに行くのである。そこだけを見て、アイツは昼間はヒマだと勘違いも甚だしい。

お客様からのたっての頼みだとしても。どうにか時間をつくりたいのは山である。が、しかし。出来ない状況が、現在の僕なのである。

お店に立っている時間が僕らの仕事ではない。立つまでの時間が、逆にいえば最も大事なのである。

ウソだと思うなら、一月でいい。僕に代わってやってみたらいい。

(2009/07/07記)