ビビットで国分さんが語っていたグループの危機だった頃の話

国分さんMCのビビットで。

平家派の座談会があって。

平家派とは、TOKIOとV6の中の何人かがデビュー前に組んでいたユニット名

そこで話していた事が印象深かったんで。

書いておきます。

V6は上3人と下3人で年の差があって。

およそ10歳

いろいろあった話から、

坂本離れ過ぎていると、けんかが出来ない

言い合うことが出来ないんですよ

けんかが出来なかった分だけ、カミセンとかはためるしかなかったんだろうね

それがどっかで爆発じゃないけども、出て来たときにお互いの歪みが生まれ始めて

会話もままならなくなる、みたいな

国分それでさぁV6は解散しそうになったみたいなのはあるの?

坂本解散って言葉はね、ちゃんとは出ないけど、どっかしらでなんとなくみんなよぎったんじゃない?

もしかしたら、みたいな

このままいったらそうなってしまうんじゃないか、みたいな

だけど誰も言葉に出す勇気はなかったみたいな

国分それで言ったらうちもありましたよね?

あんまり話さなかった時期とかがあったりして

ま、ギクシャクじゃないけれどもね

山口普通には仲良いんだよ

仲良いんだけどなんか、活動するにあたってとか、

国分ま、音楽の仕事に対して、話さなくなってしまったという時期があって

他のバラエティ番組では話すことはあるんだけど

1番大切にしなきゃいけない、音楽に対しては、どこかみんな遠慮がちになったりして

もう、

あいつに任せておけば良いんじゃないかなとか

話さなくなってきた時に、まぁ、ちょっと変な空気流れましたね

これは絶対、誰かが解散って言うなっていう前に1回5人で集まろうっていう

集まって話そうって言った時に、改めて腹割って話したわけですよ

そうすると、みんな話してないから、

あいつがそんな風に思っていたんだとか

そんな気持ちだったんだってのを初めて気付くわけですよ

それでなんかやっぱり、話すって大事だなって思ったよね

山口なんで言ってくんなかったの?とか

国分でもなんか、すごい良い会で、もう涙ぐんで話すわけですよ僕らは

俺なんかたぶん泣いたと思う、たぶん

感極まって

それが、デビュー10周年超えてから、そういう現象が起きてるから

で、やっぱ、ステージ1個あがったような気がするよね

音楽に対しても、自分たちで全て作ろうって話になっていったのもそこだし

誰かに曲を書いてもらう歌じゃなく、自分達で作るからこそ愛情をもってパフォーマンス出来るんだっていう風になったから

なんとなく。

なんとなくですよ

ひっかかったんですよ。

絶対、自Gが安泰なんて思えないなこれって笑

もちろん、悪い方にいってるとは全く思っていないんだけど

ちゃんと、音楽について話をしてるのかな。

関ジャニさん達は。

そこで発言しない人もいるだろうし。

今いろんな考えがあるのかな?ってうっすら思うし。

たぶん。

TOKIOは毎年ライブをしているわけじゃないし。

エイトは毎年のライブで、自分らの表現だったり音楽だったりのキモみたいな事は話してそうなんだけど。

それに新年会でもっと会話を!ってすばちゃん言ってたばっかりだしね。

あ。

ほんとに、今、不安に思ってるとかじゃ全然ないんですよ笑

ただ。

ちょっとだけ、ひっかかったんです。

国分さんのセリフが。

なので書きおこししてみました。

話は変わるけど。

これだけネットでたくさんの人が自分の言葉を発するようになると、あらためて、いろんなファンがいるなって思って。

懐古厨にまたなるけど笑

古くからエイトを応援しているファンの人の特徴って。

みんなを観て来てるよな。。。って思っていて。

みんななんですよ。

自担と、自担のコンビとかじゃなく笑

みんな。

私はあらためて、そういうのに安心するんだよな。

ほっとする、落ち着くんだよな。。。

なんて事を、思う最近であります。

って何の話???

なんども書きますが。

全然暗くないですよ!笑

アップしちゃえ!

えい!