やっと見つかった!サブリース〜娘の暮らし方

ずーっと前にブログで書きましたが、娘が去年の暮、私達に相談してすぐに、サクッと何でもがワンランク上の所(タウンハウス/ルームメイトがオーナーに引越しをしてしまいました!

夫はその事について立腹するわ、娘の愚痴は聞かなきゃならないわ、サブリース(娘の後に入る住民はなかなか決まらないわで、ドキドキハラハラでした。

けど、昨日サブリースが決まったと娘から連絡があり、ホッとしてるところです。

発端は、やはり同居人の一人。娘が一月無視され続けたという事。理由は前のブログにも書きましたが、勘違いからだと思います。一度そうなった仲を我慢するも、しないも、その人次第なんですが、娘はネガティブなオーラを出す人に致命的に弱い。

まさに致命的。命に係わるくらい敏感にそのネガティブオーラで押しつぶされてしまうんです。

フレッシュマンの時に、学校の心理カウンセラーの所にルームメイトの事で相談に行ったぐらいなんです。呼吸が早くなったり、体の震えまで出て大変でした。

私はただのホームシックと思っていましたので、そんな事じゃカレッジライフをエンジョイ出来ないぞ!ってカツを入れたんですが、自分の部屋が恋しいんですけど。ってはっきり言われたら、何も言えなくなって、じゃあとりあえず週末バスに乗って帰ってきなさいと、帰宅させました。

帰って来た娘から話を聞くと、その子はどこかが、うんと問題がある子の様に私にも思えました。

例えば、夜と昼が逆転していて、勉強してる様子もなく、昼間は昼間で寝ているらしいんです。娘がアサインされた寮は、オナードーム(成績優良者専用寮でしたので、これはかなり怪しい行動なんですよね。

夜は夜で何をしているかというとオンラインゲーム。更に怪しい!

娘が不気味がって怖がってるのも無理はないなって思いましたね。娘は夜12時までに寝る子なので、たまらなくなり、私は寝なきゃならないので、ホールウェイでゲームをしてくれないかと、部屋から出て行ってもらってたって言ってました。そう言う所は素直に聞くし、性格は悪くないみたいな子でした。

ああ、あと食べ物。アジア人の女の子で体が華奢なのに、サラダしか食べてなかったそうですわ。こわ!

セメスター半ばで、親から頻繁にその子の所に電話がかかって来るのに、すべて無視だったそいうです。電話なってるんだから出ろよ!しかも親でしょ?更に不気味な訳です。ハイ。

こういうパズルのピースがあふれ出る前に、こいつどこか変だよ!って察したんでしょうね。困惑してる娘は、とうとうカウンセラーの所という流れだったんですね。可哀想に。

でね、最後にパズルが完成して、一枚の絵が出来たんですけど、それが聞いてびっくり!在留ステイタス更新に問題があり、永住権の更新が出来なかったらしいです。

要するに、18歳になると親のステイタスと関係なしに、本人のステイタスに切り替わるらしく、何かをしなければならなかったとかで、それを知らないでそのままにしておいたか何かで、結局ビザの切り替えが上手くいかず、大学へ入ったはいいけどそこを卒業できない状態だったみたいです。在留ステイタスがイリーガルって言うのが大学側に分かってしまったら、キックアウトですからね。

頭の良い子でフルスカラーを貰って娘の大学へ入学した子ですから、ならばと思って、好きな事をやっていたのかもしれないな。ってに今になってはそう思います。ちょっとかわいそうな子ですよね。

現在はどうしているのかな?無気力からポジティブモードに変わってて欲しいですよね。賢くって将来のある人なんだから。。。

今回のルームメイトはちょっと精神的に病んだ状態のルームメイトが原因だと思ってます。学校のカウンセラーでなく、ちゃんとした医者に行けばいいのにって思ってます。

彼女は自分のメンタルの問題を娘にも話をしてたそうで、医者に行けば?と娘は言ってるののも関わらず、行きたがらなかったと言ってます。

そこまで自分が辛いと分かっているなら、医者に助けを求めてもいいのにと、これまた人によって考え方は違うから何も言えない状態だったみたいです。そして突然の無視。もういい!ってなんたんでしょうね。

ルームメイトの彼女が悪いとかじゃなく、しょうがないんだと思ってます。初めから合わない関係だったのでしょうね。

しかし、彼女は本当に医者の所へ行った方がいいと思う。私も医者は大嫌いだけど、こう言う時は相談すべき。生活がしにくくなるくらい鬱な状態が続くなら絶対相談しに行くべき。薬で何とかなるなら、それも考えるべきよね。危なくって見てられない。

というのも後から、私は無視してるんじゃなく、ただ人と話なくないだけだった。って言って来たって言うんです。

こんな時、親と仲良くしてないと、自分で問題抱えるようになるから、親である私達も、何でも相談していいんだよと言う関係をキープすべきだと思うのよね。

あとね、私の頭のものすごく賢い知人(親戚に精神科医がいる人が言ってたんですけど、学校のカウンセラーに相談に行くよりも専門家に行った方がいいって言ってた。なぜなら秘密も厳守だし、専門家だから適当な事は言わないからって。

その知人が私にそうアドバイスしてくれたのは、インターナショナルスクールのカウンセラーが、息子がADHDであるのでは?って疑っていた時。あの時スクール経由の医者に行ってたら、今の息子はないよね。怖い話だ。

スクールカウンセラーを信用し過ぎない事だね。

まあ、それぞれの家庭の事情もあるけど、うちの子は結構素直になんでも話してくれるから楽って言えば楽よね。

ところで、うちの夫は娘の真逆で、そう言うルームメイトを無視し返して知らんぷりができる(たまに、本人のネガティブオーラも相当強いので平気なの様です。娘の気持ちが分からないので、今ちょっとした喧嘩状態。

人の気持ちは出来るだけ酌むのが人情。そう教えてこられてない夫がしそうなことですわ。あの家って、、、うふふ。(諦めの境地

で、私は、どっちの気持ちも分かるけど、まずはお金!サブリース見つけないと!ってひたすら焦ってたんです。娘曰く誰か必ずいるから大丈夫。それにあそこ安いし!って自信満。

それが昨日まで決まらなかったんですから、焦りましたよ〜!

お家賃を少ディスカウントしなければならなかったのですが、それでも、1セメスター分の家賃を、使ってない部屋の為に払うよりマシ!娘は奨学金とバイトでかなりお金持ちですし、自分で払う、払える!って言って聞かないものですから。

何はともあれ、人によってそう言った人のネガティブな気持ちの感じ方って違いますよね。娘は本当に弱い、そういった点。

私は夫と娘の真ん中ぐらいかしらね。

で、新しい所は全ていい感じでした。まずルームメイト兼オーナーの博士課程のレバノン人の女性はスーパークールな様です。まだ会ってませんが、カヤックフィッシングが好きで、釣った魚を自分でさばいて食べるそうな。凄い!

大学院では栄養学を勉強中らしいです。兄弟の一人は只今、息子の大学で博士課程をしてるそうで、何かと共通点があり、こっちの方にご縁があったのでしょうねって思ってます。面白いよね。

もちろん、出張国、計43国の夫もレバノンで、例のあの化石を買ってきたんですからね。ご縁でしかないかな?

生きてるって、こう言う事かなってたまに思います。みんなご縁で繋がってる〜。笑

ま、息子もそうでしたが、ネガティブオーラが出てるルームメイトと一緒は大変なんですよね。息子の魔のセメスターの時のルームメイトもホームシックで、くらーいオーラ全開だったと聞いています。

大学に行く前に、こう言う状況のハンドリングの仕方も、何処かで習ってから大学にいった方がいいでしょうね。

毎年精神的に辛くなって帰って来る生徒も多いそうですから、精神を出来るだけ高校までに鍛えて、少しでもこういった問題を乗り越えられるようにしておいた方がいいかもしれません。

だからお母さん、お友達との問題は、小さい時から自分でなるだけハンドリングさせるのよ!モンペになるべからず。

まあ、娘級のセンシティブで、それ故にアーティストって言う人は何言っても無理でしょうけど。